通勤チャットレディの求人募集

チャットレディの仕事を短期間だけ体験してみたい

チャットレディの仕事は、

 

知っている女性

 

興味がある女性

 

そして、「一歩踏み出せない女性」が多い仕事です。

 

”ちょっと怪しい”といった昔の印象が強いからであると考えられますが、
現在では非常にクリーンな業界であり、あいかわらず”稼ぎやすい”仕事でもあります。

 

知っていて、興味があるのにやらない、というのは非常にもったいないことです。

 

とは言っても、どんな仕事であれ「やったことがないもの」に関しては
不安が多いものであり、始めることに自体を躊躇してしまうのは仕方がないことです。

 

特に歩合制の仕事の場合には、始めた後にしっかり稼げるか?ということもある程度知っておきたいものです。

 

また接客系の仕事であれば、「自分は通用するのか?」ということも気になるはずです。

 

「職場体験」的なシステムを設けているサイトもある

 

そんな時に「キャバクラ」等のお店には、「たいにゅう(体験入店)」という制度があります。

 

しかしながら、チャットレディの仕事はあまりにも簡単に始めることができること
更に基本的に全採用であるために、「試験(テスト)期間」というものがないことがほとんどです。

 

とりあえず仕事を始めてもらって、後は自分で頑張ってもらう

 

と、あくまで「お金を稼ぐシステム」を提供しているサイトがほとんどです。

 

チャットレディの数があまりにも多いこと(店舗ではなく仮想空間であり日本中にいる)からも
ある意味で仕方がないことであり、メリットでもありデメリットでもあります。

 

シフト管理がなく自分の好きな時に働ける

 

一方で、

 

稼ぐためのコツといったものは、自分で見つけていく必要があります。

 

ただし、通勤チャットレディの場合には「チャットルーム」に通うことになるために
ある意味で「職場体験」とも言える、一定期間”お試し”で稼働ができる制度を設けている事務所もあります。

 

通勤チャットレディならではのメリット

 

通勤チャットレディになるためには、代理店(事務所)に登録する必要がありますが
事務所に所属するメリットは、まさに「助けてもらいやすい」ということになります。

 

事務所とチャットルームを併用していることも多く、基本的に24時間スタッフが常駐しています。

 

稼ぐためのアドバイスや、悩みや不安を随時相談することができます。

 

また、「体験制度」を設けているサイト(代理店経由では様々なサイトで稼働できる)で
最初だけ、短期間だけ働かせてもらえることもあります。

 

始めやすくて辞めやすい

 

やってみたいけど、まだ不安も多いという女性は
まずは、とりあえず始めてみることをおすすめします。

 

と言うのも、「いやなら辞める」ということがしやすい仕事でもあるからです。

 

これは、「始めやすい」というメリットの裏返しでもあります。

 

上記したように、毎日数多くの女性がチャットレディとしてデビューします。

 

その1人1人を最初から最後までケアするのは、難しいという現実があります。

 

そのため、「入口にしても「出口」にしても”フリー”な感じにしているのです。

 

そしてデビューした後に関しても、「その人任せ」となります。

 

働きたい時に働き、働きたくない時には働く必要がありません。

 

登録だけしておけば、いつでも好きにできる状態です。

 

本当に辞めたい時には、登録データを消してもらえるため、心配は要りません。

 

とりあえずやってみる、という姿勢だけが必要です。

 

最初に楽しむことが大切

 

デビューしたばかりのチャットレディは、いろいろと有利な条件で働くことができます。

 

ユーザーの目に止まりやすいような表示や、時給(ポイント)が高く設定されることもあります。

 

この時期にしっかり稼げることで、自信にもつながるはずです。

 

また、早い段階でリピーターが付くことで、その後も稼ぎやすい状況になります。

 

最初に楽しい印象を持つことで、モチベーションにもつながるはずです。

 

ぜひ、最初からいろいろ試してみましょう。

 

基本的に「稼働特典」がある

 

チャットサイトの多くは、登録してから”ちゃんと稼働”することで
「稼働で10,000円」といった、特典・キャンペーンを用意しています。

 

何か不安があるのであれば、面接の際に相談してみることも大切です。

 

在宅勤務の場合のビデオ通話面接と異なり、じっくりと話せることも代理店登録のメリットです。

 

少しでも興味がある女性は、”お試し”で通ってみることから始めてみることから検討しましょう。

page top