通勤チャットレディの求人募集

チャットの仕事に取り組む際の所得税と確定申告

ライブチャットの仕事を始めるにあたり、

 

「税金関係はどうなるんだろう?」

 

と疑問を持つ方、心配になる場合もあると思います。

 

そういったことを、しっかりと考えられる女性はご存じだと思いますが
それが「本業」だとしても、「副業」だとしても、一定額以上を稼いだ場合には納税が必要です。

 

それ自体は他の仕事と同じことですが、少し異なる点として
チャットレディの仕事の場合には、”じぶんで”納税をする必要があります。

 

チャットレディとして働く際には、会社員やアルバイトといった雇用形態とは異なり
「業務請負(委託)」という形式になり、これは「個人事業主(フリーランス)」と同じ立場になります。

 

自分で仕事を請け負って、自分の仕事として稼ぐ、自分が会社・社長ということです。

 

納税の義務が発生するのは、”一定額を稼いだ後に”ということになりますが
チャットレディの仕事の場合、その額というのは比較的容易に稼げてしまうことになります。

 

”稼げるからこそ”注意が必要

 

労働に取り組む際には、基本的に納税の義務が生じるものです。

 

その雇用形態や、立場によっていくつか種類(定められた金額)があり
主婦やアルバイトの場合には、一般的に「103万円」という数字を意識することと思います。

 

親や夫の扶養に入っている場合には、免除(基本的な所得税以上払わなくていい)されるためです。

 

一方で、チャットレディをはじめとした業務委託になる労働の場合には
103万円ではなく、「20万円」と「38万円」という段階でラインが設けられています。

 

簡単に言えば、

  • チャットの仕事以外に仕事をしている場合には20万円
  • チャットの仕事だけで稼いでいる場合には30万円

 

この数字を超えた際には、

 

基本的には、通勤チャットレディとしてある程度しっかり取り組めば
「30万円/月」にはなってしまうものであり、簡単に超えてしまいます。

 

また副業として、5万円/月程度を目標とする場合にも、超えることになります。

 

つまり、チャットレディの仕事をするということは、基本的に「確定申告」が必要になるということです。

 

しっかり「確定申告」すれば問題ない

 

確定申告と聞いて、身構えてしまった人もいるかもしれません。

 

しかしながら、それほど難しいものではなく
大手のチャットサイトであれば、しっかりサポートしてくれます。

 

通勤チャットレディになるために必要な代理店登録であれば
もれなく確定申告といったことも、マニュアルで用意されています。

 

難しく考える必要はありません。

 

一年に一度だけであり、自分がどのくらい稼いだのか、正確に確認するいい機会でもあります。

 

そして、この納税に関わるもので、特に注意して欲しいのが「主婦」と「学生」の方になります。

 

  • 学校帰り
  • 家事の合間に

 

といった、アルバイト・パート感覚で取り組む場合にも、納税額のハードルは変わりません。

 

もはや、「扶養されている」という立場ではないのです。

 

一人にビジネスマンとして、しっかり自覚を持ちましょう。

 

税金の仕組み知るということは、今後必ず訳に立つはずです。

 

「経費」を計上できるメリットも

 

確定申告は、「少しめんどくさい」というデメリットばかりではありません。

 

「経費」を計上することで、所得税を抑えることもできるのです。

 

メイク道具や衣装等、少しでもチャットの仕事のためになること
チャットのために購入したものは、経費となります。

 

もちろんズルはいけませんが、そういったテクニックを身に付けることで
より”損をしない”という、税金に関する知識も身に付くことになります。

page top