通勤チャットレディの求人募集

チャットサイトでの仕事内容とは

チャットレディの仕事は、通勤チャットレディ・在宅チャットレディのどちらにしても”やること”は同じです。

 

主な業務内容は、<チャット(おしゃべりというコミュニケーション)>です。

 

「キャバクラ」といった、女性ならではの接客業と共通している要素も多いですが
その最大の違いは”目の前にいない”というものであり、ネット回線を介した触れ合いになります。

 

通勤チャットレディの場合は、そのサービスを配信する場所が「チャットルーム」になるだけです。

 

お客さんからすれば、それほど差がないことと言えます。
(自宅からという「設定」でやる場合には注意しましょう・・・)

 

もちろん、上記したような接客業の経験がある女性の方が有利ですが
そうではない女性も気楽に始めることができ、お客さんの方も”気楽な娯楽”として利用しています。

 

お互いに緊張する必要がないことが、人気の秘訣でもあります。

 

今までにも、

  • テレフォンレディ
  • メールレディ

 

といった、様々なチャットサービスが存在してきましたが
特に昨今では、”チャット”と言えば「ライブ(ビデオ)チャット」を指すものになります。

 

最も稼げるチャットのジャンルであり、ライブチャットこそ”チャットルームに通う意味”があります。

 

自分で道具を用意する必要がない「通勤チャットレディ」

 

チャットレディの仕事は、

  1. チャットサイトにログインする・・・待機
  2. アクセスしてきたお客さんとチャットする・・・稼働

 

ということの繰り返しになります。

 

報酬は、「チャット単価×チャット時間」で決まります。

 

各チャットサイトごとに、「1分毎」の単価が設定されていますが
同じジャンル・内容であれば、それほど差があるものでもありません。

 

特に”代理店経由”の場合には、一定の金額に定められていることも多いです。

 

「自分に合ったサイト」で働く方ことが重要であり、できるだけ長くチャットできるように頑張りましょう。

 

在宅チャットレディに比べ、通勤チャットレディは平均報酬額が高い傾向があります。

 

集中して仕事に取り組めることが、その理由であると考えられます。

 

実際に「100万円以上」稼ぐことは可能です。

 

毎月「200万円前後」稼いでいる女性も存在します。

 

また、基本的には待機していなければチャンスはありませんが
常連(リピーター)の方が、<予約>してやってくることもあります。

 

一度接客したお客さんとは、”サイト上”でやりとりができるようになり
メールのようなやりとりだけでなく、お互いにチャットの都合を付けることもできます。

 

連絡があった時だけ、稼働するということもできるのです。

 

ここまでくれば、非常に効率的な”都合のいい仕事”になります。

 

自分で道具を用意する必要がない「通勤チャットレディ」

 

チャットレディの仕事を、<通勤>でやるメリットとして
上記の一連のチャット作業に使うものが、チャットルームに用意されていることです。

 

  • 高速ネット回線
  • パソコン
  • WEBカメラ

 

といったパソコンによるチャットに必要なものは、チャットルームに揃っています。

 

中には、「ジュース」や「おかし」が用意されている事務所もあります。

 

いずれにしても、チャット中は「自分の部屋」になるため好きに使えます。

 

チャットレディの仕事は正しい<職場選び>が必要

 

チャットサイトで働く、チャットレディという存在は今や特別なものではありません。

 

「チャトレ」と略されたり、「チャットガール」と呼ばれることもあります。

 

チャットサイトで働くためには、まずはチャットサイトに登録する必要がありますが
サイト自体が非常に多い時代であり、どこにしようか迷ってしまうことも多いはずです。

 

この<サイト選び>は非常に重要な要素でもあり、慎重な判断が必要なものでもあります。

 

チャットレディの仕事における、

  • 稼げるチャンス
  • 稼げる額
  • お客さんの量(アクセス)

 

というのは、ある程度サイトの条件に依存するものであり
”正しいサイト選び”をしないことには、しっかりと稼ぐことができないのです。

 

特に通勤チャットレディになる場合には、「職場環境」が非常に重要になります。

 

当サイトで紹介している代理店であれば、最低限の条件を満たすサイトで働くことができますが
環境というのは物理的なものでなく、”サイト上での存在感”といったものも含まれます。

 

もちろん”人気”があった方がいいですし、ここで紹介した「リピーター」の数で働きやすさは大きく変わります。

 

そして働きやすくなるほどに続けやすく、続けるほどの人気が出てくるものです。

 

様々な角度から働きやすい環境を作ることが、たくさん稼ぐために必要なことになります。

page top